「SPY×FAMILYの超能力」

今人気のアニメに“SPY×FAMILY”というものがある。
『週刊少年ジャンプ』で掲載されている漫画で、赤の他人であったスパイの男と殺し屋の女、超能力を持つ少女が「仮の家族」を築き「家族としての普通の日常」を送るために日々のトラブルと奮闘するホームコメディーである。
老若男女楽しめる作品で私も大フアンであるが、ストーリーを細かく説明することは憚りたいので、是非騙されたと思って見て欲しい作品であるが、一つだけ言うならば、主人公のアーニャは人の心が読めるという超能力を持つ少女である。

最初の一瞬は、人の心が読めるなんて、なんて素敵な超能力なんだろう!?と憧れを持った。相手の思うことが分かれば相手が望む受け応えや行動をすれば誰からも好かれる人気者になれ良好な人間関係を送れること間違いない!!と思ってしまったからである。
しかし、直ぐにそうでないと気付いてしまった。人の心は正だけでなく、必ず望まない負が存在するからである。いつもニコニコしていて愛想のいい人が計算して腹黒いことを隠して人と接している、いつも賛同して応援してくれる人が実は人の失敗を望んでいる、こんなことを知ってしまったら人というものを信頼できなくなり人付き合いができなくなってしまうと確信してしまったからである。

人は何故人間関係に悩むのだろう?それは世界80億人の人間の中で自分の考えと全く同じ考えの人はいないからである。それがストレスになり好き嫌いになり紛争になるのである。そして物事にも心にも裏表があるものである。だから人の全てを知る必要はなく、相手を認め表の正の部分で人間関係を築けるように、人には心を読む超能力がないのだと思う。

2023年1月15日~2月14日掲載

投稿者

土屋 正一




以前のコンテンツ